2013年7月22日月曜日

ワイパーの錆取りと塗装

梅雨時のせいかワイパーの錆が気になったので錆取りと塗装をした。
フロントのワイパーアームを取り外して作業した。
固定してあるナットを外して軸方向に押したり引いたりを繰り返すと外れる。


サンドペーパーで錆を落としてからシャーシブラックで塗装した。



リアワイパーのブレード。

2013年6月4日火曜日

リアゲートのロゴシールはがし

経年劣化で剥がれかけたリアゲートのロゴシールをきれいに剥ぐことにした。
ドライヤーで熱しながら爪で少しずつ剥いでいった。
表面のフィルムは剥がれるが粘着剤はボディーに残ってしまった。
残った粘着剤をシリコンリムーバーを吹き付けながらウエスでこすり取っていった。

最後にコンパウンドで磨いた。
シールが貼ってあった部分だけ塗装面が凸状になっているのがわかる。
そこだけ摩耗しないで塗装面の厚みが残ったからかな?

2013年6月3日月曜日

6回目車検

6回目車検

走行距離 72792km

ブレーキフルード交換

サイドスリップ調整

2013年5月6日月曜日

電源ノイズフィルター取り付け

ロゴに載せているアンプがオルタネータのノイズを拾うので電源ノイズフィルターを付けてみた。ちょうど脈動のような間欠的なノイズ。

電源ノイズフィルターが大き過ぎて収まりが悪いのでケースから出して基盤のままアンプの電源の間に設置した。
期待どおりノイズがなくなった。

2013年5月5日日曜日

オイル交換・メインマフラー塗装・マフラーハンガー補強


前回の交換からちょうど1年経ったのでオイル交換をした。
オイルは前回とおなじMonotaRO エンジンオイル SM/CF 5W-30 5W-30。
オイルフィルターは交換しないので3リットル入った。
オイルドレンパッキンを新品に交換した。

ジャッキアップしたついでに錆が浮き出てきたメインマフラーをHoltsヒートペイントで塗装した。
その時メインマフラーのハンガー部分の溶接が半分破断しているのを発見した。

2011年11月2日の破断前の画像。

残り半分もいつ破断するか分からないのでホースクランプで補強した。



2013年5月4日土曜日

マフラーをつや消しブラックに塗装

古びたマフラーをHoltsヒートペイントでつや消しブラックに塗装した。

フロントバンパーの塗装ハゲ補修

フロントバンパーの塗装ハゲを缶スプレーで塗装した。
耐水ペーパーでハゲた部分を削り落として足付けする。

 Holtsのバンパープライマーをスプレーしてからボディー色とクリアーを塗った。

ひび割れが発生した塗装面の再塗装 助手席側ドア

リアゲートの他に助手席側ドアの缶スプレーで塗装した箇所がひび割れした。
塗料を厚塗りし過ぎたのが原因か下地が不完全なのが原因かわからないが、ひび割れした塗膜を耐水ペーパーで落としていく。
左右に見える青い所は2年前に錆穴が開いたのをPOR-15とパテで埋めた箇所。

赤錆が見えるがPOR-15クリアーで封じ込められた錆で2年前から変化がない。
塗膜にガラスの亀裂のようなひび割れが見える。

プラサフを吹いてからHoltsの缶スプレーでボディー色とクリアーを塗った。

ひび割れが発生した塗装面の再塗装 リアゲート

以前リアゲートの凹みをパテで埋めて缶スプレーで塗装した箇所にひび割れが発生したので再塗装することにした。

 旧塗装を耐水ペーパーで落としてパテを盛り直す。

プラサフを吹いてからHoltsの缶スプレーでボディー色とクリアーを塗った。
かなり丁寧に下地作りをしたつもりだったが、パテの境界でリフティング(ちぢみ)を起こしてしまった。旧塗膜の上にパテを重ねるとリフティングしやすいらしい。
不満は残るけど今回はこのままにしておこうと思う。

2013年4月27日土曜日

ルーフモールからの雨漏り補修

トランクルームに水が溜まっているのを発見した。
以前シリコンシーリング剤でルーフモール下のクラックを補修した箇所から再び雨漏りしたようだ。
モールはボディー側のピンに引っかかっているだけなので、中央部分を持ち上げると簡単に外れる。

シリコンシーリング剤を取り除いて現れたクラック。

リアゲート側にもクラックが伸びている。

POR-15クリアーを塗った。
POR-15は浸透力が高いのでクラックの奥まで入り込んで雨漏りが止まるといいんだけど。
しばらく様子見です。

2013年4月14日日曜日

右リアフェンダーの錆補修

以前に補修した右リアフェンダーの錆が再発した。
昨年の秋に下塗りにサビキラーPRO、パテ、タッチアップペンで補修した箇所。

塗装とパテを取り除き、錆を落としていく。
錆は深いけど貫通はしないので内側からの錆ではないようだ。
今回は確実に錆を止めたいのでPOR-15のクリアーを下塗りした。

パテを盛って耐水ペーパーで均した。

Holtsのカラータッチを筆塗りした。

2013年4月13日土曜日

スピーカーにバッフルボードを取り付けた


ロゴのスピーカーは純正の物が壊れたため、ダイトーボイス DS-100F 4Ωを自作のエンクロージャーで取り付けていた。ちょっと張り出しが大き過ぎて足がぶつかることがあったのでエンクロージャーを取り外すことにした。

ただ元の位置にスピーカーを戻すのではつまらないので、バッフルボードをはさんで音質の改善を目指すことにした。
音質改善化計画からバッフルボードを購入した。
サイトの商品のラインナップにはロゴに適合する商品は無かったのでいちばん近そうなものをセレクト。でも届いた商品はちゃんとロゴにぴったりな物でびっくりした。注文時に送ったロゴの形式、年式から適合する物を送ってくれたようだ。

ドアにバッフルボードとスピーカーを取り付けたところ。
 ぶっちゃけそれほど期待していなかったけど、音質が劇的によくなってびっくりした。
バッフルボードでここまで音がよくなるとはね。

2013年4月6日土曜日

フロントワイパーブレードのゴム交換


フロントワイパーブレードのゴムを交換した。
Poweful WIPERの運転席側475mm、助手席側425mmが適合表に載っていなかったけど使えた。

シャーシ、ショックアブソーバー、リアワイパーの錆補修



左前輪付近のシャーシの錆。
2年前にPOR-15を錆の上から塗った場所だったのだけど、錆が進行してボロっと剥がれ落ちてしまった。
浮いた錆と塗料を落としてからノックスドール300をスプレーした。





右側ステアリングラック付近の錆にノックスドール300をスプレーした。




ロアアームの錆にサビキラーPROを塗った。










ショックアブソーバーの錆にサビキラーPROを塗り、それが乾いたら上にシャーシブラックを塗った。




リアワイパーの錆にサビキラーPROを塗り、それが乾いたら上にシャーシブラックを塗った。



2013年3月30日土曜日

タイヤ手組み 新しいタイヤの組み付け

ホイールに新しいバルブをタイヤバルブ装着ツールを使って取り付ける。
このツールがあると作業がとても楽になる。わずか数百円なので買っておいて損はない。

まずタイヤのビードとホイールの両方にたっぷりとビードクリームを塗ってすべりをよくしておく。
新しいタイヤの内側のビードをホイールにはめ込む。
手で引っ張りながらでも、慣れてくると足で踏みながらでもはめることができた。

残る外側のビードを足で踏みながらはめ込む。
この時タイヤの黄色いマークとバルブの位置が合うようにする。

残り半周を過ぎたくらいから途端にきつくて入らなくなる。
タイヤレバーを使って少しずつはめ込んで、最後にタイヤレバー1本でビードをひっくり返して完全にはめ込む。

次にビードを上げる。
最初12V電動空気入れでもビード上がるかもと思っていたけど甘かった。
今回の作業のためにオイルレスエアーコンプレッサー WB-25を買った。
特に新しいタイヤは歪んで隙間が大きく開くことが多くコンプレッサーなしでは無理だと思う。
コンプレッサーで空気を入れて圧力でタイヤとホイールを密着させる。
この時バルブの虫を外すのがポイント。空気が効率よく入ってビードが上がりやすくなる。
コンプレッサーを使ってもちょっと工夫しないとなかなかビードが上がってくれない。
ホイールを斜めにしたり、ゆすってみたり。荷造りベルトでタイヤを締め上げるなんて裏技あるようだ。 ビードが上がったら素早く虫を装着、続けて規定圧まで空気を入れて完了。

ロゴに取り付けたSONAR S780 155/80R13 79T。

トレッドパターンはこんな感じ。
乗り心地も静寂性も前に履いていたブリジストンと遜色ない感じ。
バランスは取ってないけど、今のところ振動もないのでこのまま乗ろうと思う。