2011年12月30日金曜日

2011年12月23日金曜日

ロゴの雨漏りについて



















ロゴの雨漏りは有名なようです。
ネットを探すと同じような事例がヒットします。
ボクのロゴもいつからか雨降りの後にトランクルームの下のスペアタイヤのあたりに水たまりができるようになってました。

最初に雨漏りの原因としてうたがったのがテールランプでした。テールランプとボディーの間のゴムパッキンが劣化して雨漏りすることがあるらしいです。
テールランプを外してみると、内部が濡れて泥が溜まっていました。
ホームセンターでこのパッキンと同じようなゴムシートを買ってきて同じ形に切り抜き交換しました。
それでも雨漏りは止まりませんでした。

トランクルームのサイドの内張をはがすと上から水が流れた後がありました。
どうやらルーフからの雨漏りのようです。
ルーフモールを外すとモールを留める後方のピン付近にクラックがあるのを発見しました。
このクラックをシリコンシーリング剤で埋めると雨漏りは止まりました。

2011年12月10日土曜日

ナンバープレートのボルト交換






















































2011年12月10日

雪国特有?かもしれない錆びたナンバープレートのボルトを交換した。

ちょうど1台分の3本入りステンレスボルトがホームセンターで150円でした。

2011年11月30日水曜日

電動雲台 MP-101





















電動雲台 MP-101をロゴのダッシュボードに取り付けた。

MP-101はリモコンで上下・左右に角度を変えることができる。

これに車載カメラを取り付けて撮影しようというわけだ。

取り付けているカメラはSANYO Xacti CG110

HDDムービーをメモリーに記録するので車載カメラにぴったりだ。

2011年11月20日日曜日

ホイールキャップを交換




















スタッドレスタイヤに交換したついでにホイールキャップを交換してみた。

2000円弱でお手軽ドレスアップ。

2011年11月12日土曜日

ルーフの錆修理

















2011年11月12日

今年で14年目突入のロゴ、ルーフに錆が出始めた。

1センチ前後のクモの巣状の塗装の盛り上がりを数カ所確認。






















塗装をはがすと下から錆が現れた。






















ソフト99のタッチアップペンの純正色とクリアー塗装した。

2011年11月2日水曜日

マフラー塗装

2011年11月2日

錆が目立つロゴのマフラーを塗装した。

まずワイヤーブラシと耐水ペーパーで錆をできるだけ落とした。















































エンジンに近く高温なサブマフラー側を耐熱温度600℃のHolts ハイヒートペイン






















エンジンから離れたメインマフラー側を耐熱温度300℃のPOR-15のクリアーで塗装した。

POR-15は錆の上からも塗れて錆を封じこめてしまうのでここでも重宝した。

2011年10月26日水曜日

ドア クリアー塗装やり直し







































2011年10月26日

ドアの錆穴を修理した後の塗装が気に入らなくなった。

缶スプレーでDIY塗装だから仕方がないのかもしれないけど。

塗装面がざらついてコンパウンドで磨いてもツヤが出ない。

缶スプレーで塗装をやり直しすることにした。

上の画像がクリアー塗装前の#1000耐水ペーパーで足付けしたところ。

下の画像がクリアー塗装後。

缶スプレーの説明書には「薄く何回にも分けてスプレーする」とあるが。

近い距離で垂れる寸前まで均等に動かしながらスプレーした方がうまくいくようだ。

今回から缶スプレーをソフト99からHoltsに変えた。

Holtsの塗料はスプレーした直後はかなり純正色と違うように見えるが、乾燥するとなじむ。

ツヤはHoltsの方があるようだ。

ボクのロゴの純正色はB-74Pだが、この色の缶スプレーは最近店頭からなくなりつつある。

2011年7月9日土曜日

下回りの防錆塗装

















































ロゴの下回りとタイヤハウス内をノックスドール 300でスプレー塗装した。

ノックスドール 300はボルボ社が採用している防錆塗料ということで定評がある。

すでに錆が発生している車にも錆の上から塗ることができ、効果があるとのこと。

ノックスドール 300はベトベトしたワックス状の塗料。

ドアの内側にはノックスドール 700をスプレーした。

こちらはサラサラした浸透性のある液体で袋状の場所に適している。

奥まった場所にもスプレーできる延長チューブが付属している。

ついでに錆ついたリアドラムブレーキをPOR-15で塗装した。

下回りの防錆塗装してうれしい副作用があった。

走行中の車内が静かになったのだ。

ノックスドールの塗膜が道路からのノイズを吸収しているようだ。

2011年6月30日木曜日

ドア内側にPOR-15を塗る








































ドア内側に錆止めにPOR-15を刷毛塗りした。

ドアの中に手を突っ込んでなるべく丁寧に角まで塗った。

POR-15はリストア車マニアには有名な塗料。

強力な塗膜で錆を封じ込め、錆の進行を止めてしまう。

2011年6月25日土曜日

ドア内張をはがす

























ドアの錆は内側から処置しないと駄目だという結論。

ますはドアの内張をはがすことにした。

取っ手の下側を外すのに苦労した。

内張本体はピンで刺さっているだけなのでベリベリ剥がすだけだ。

2011年6月12日日曜日

リアゲートの凹み修理

2011年6月12日
















ロゴのリアゲートにできた凹みをパテで埋めた。





















2回目のパテ埋め。




















サーフェイサー缶スプレーを吹く。






















ボディー色、クリアー缶スプレー塗装。
コンパウンド磨き。
ゆず肌だけど、この辺で満足しとくかな。

2011年6月11日土曜日

ドア錆再発


















1年前に修理したドアの錆が再発した。

パテの境界から錆が出てきている。

なんとかしなければ…。